New Dimensions for Visual Expression
“Color Sound 900”シンバルは、同時に発売される、柔軟でフィーリングの良い“900 Series”モデルを基本とし、それらに4色のカラーコーティングをすることにより、ドライで若干サスティンの短く、アタックが少し強めなサウンドとなります。“Color Sound 900”のフィニッシュは、これまでの研究成果の蓄積と、クラフトマン達の惜しみない努力により、レイジングやハンマリング痕の自然な外観を保ちながら、あざやかな輝きを放つ、パイステ独自の特別なフィニッシュとなっております。特に、何十年ものカラー・シンバルの経験から、耐久性を厳しく追求したため、シンバルの通常の使用方法であれば、すぐに塗装が剥がれることはありません。
<Color Sound 900>
1984年に「COLORSOUND 5(カラーサウンド・ファイブ)」で、カラーコートされたシンバルを最初に開拓。MTV等のテレビのミュージックビデオ全盛期の頃、そのバンドやアーティストの表現の手段として使用されました。1990年代にTerry Bozzio(テリー・ボジオ)がプロデュースした、「VISIONS(ヴィジョンズ)」が登場し、近年は、特定のアーティスト・インスピレーション・モデルとして、Stewart Copeland(スチュワート・コープランド) の“Blue Bell Ride”、Aquiles Priester(アキレス・プリースター) の“Giga Bell Ride (Black)”、Danny Carey(ダニー・キャリー) の“Dry Heavy Ride (Purple)” などのカラー・コーティング・モデルが、続々と登場していました。その他、カラー仕上げのシンバルは、世界的なトップアーティストである、Joey Jordison(ジョーイ・ジョーディソン)、Tico Torres(ティコ・トーレス)、Paul Bostaph(ポール・ボスタフ) のシンバルを含む、カスタムオーダーで利用可能でした。
<Blue HiHat 14" pr>
ウォームなサウンド感を得ながら、明るくヌケの良いツブ立ちを併せ持つ、幅広い音楽ジャンルにお使いいただけるモデルです。

PAISTE pr 14" HiHat Blue 900 Sound Color-ハイハット

チャンネルラインナップ

PAISTE pr 14" HiHat Blue 900 Sound Color-ハイハット

その他エンタメ情報

PAISTE pr 14" HiHat Blue 900 Sound Color-ハイハット

その他自社情報

GRETSCH G5191BK Tim Armstrong (エレキギター)【smtb-KD】:-p5